トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

ヴィッツハイブリッドが2017年1月12日発売、1.5L THSⅡ搭載

トヨタはヴィッツのビッグマイナーチェンジを実施し、新たにハイブリッドグレードを追加し発売した。

(写真は新型ヴィッツハイブリッド)
ヴィッツハイブリッド

現行ヴィッツは2010年から販売されるモデルである。本来ならフルモデルチェンジを受ける時期ではあるが、ビッグマイナーチェンジによりモデルサイクルは延長され、後期型としての販売が始まった。

ヴィッツ後期型リアコンビネーションランプ トヨタ ヴィッツハイブリッド

新型ヴィッツはフェイスリフトの実施によりエクステリアのイメージが大きく変えられた。従来型と比較して、フロントグリル開口部が強調されており、スポーティでアグレッシブな顔つきに仕上げられている。

ヴィッツ後期型フロントグリル ヴィッツ後期型

そして、1.5L THSⅡ搭載によるハイブリッドグレードの追加も注目のポイントとなっている。

トヨタ新型ヴィッツハイブリッドは181万9800円から、JC08モード燃費は34.4km/L

ヴィッツハイブリッドに搭載されるシステムのスペックは、エンジンが最高出力74ps、最大トルク11.3kgfm。モーターが最高出力61ps、最大トルク17.2kgfmということで、同タイプのTHSⅡを搭載するアクアと数値は同じ。ただし、ヴィッツハイブリッドのJC08モード燃費は34.4km/Lとなり、アクアの37.0km/Lよりも劣る数値となった。ヴィッツハイブリッドはアクアより車体重量が20~30kg程度重いこと、さらに全高が高いことからくる空力特性の低下も燃費性能に差が出た原因として考えられる。

ヴィッツハイブリッド インテリア ヴィッツ後期型シート

新型ヴィッツハイブリッドの消費税込み車両価格は、181万9800円~223万7760円に設定された。アクアのエントリーグレードが176万1382円であるから少し高いことになるが、装備の違いなどを考慮すれば、ほぼ横並びといったところか。コンパクトハイブリッドを求めるユーザーにとって、有力な選択肢が一つ増えたことは歓迎されるだろう。

関連するレポート

[ 2017/01/18 ]
#1 匿名さん2017/01/19(Thu)01:35:39
アクアとのすみ分けが曖昧な気がする
標準グレードで比べたらヴィッツが安いけど燃費の差が少し大きいから、値段だけでヴィッツがお得とは言えなさそう
そもそもヴィッツは1300ccがメインなんだから、1000ccや1300ccのハイブリッドを新規開発して欲しかった
#2 (・∀・)2017/01/19(Thu)17:31:26
ニャー
#3 匿名さん2017/01/19(Thu)23:41:39
室内空間vs燃費で選べばいいのでは?
フィットやノートには広さと使い勝手でアクアは弱いから…「ビッツも選べるよ。」と販売店に言わせたいのだろう…。

#4 匿名さん2017/01/24(Tue)13:23:50
というかこんなキャラ被りを出して売っていけるトヨタの恐ろしさよ。
#5 匿名さん2017/03/05(Sun)21:48:55
GRやGRMNが出ることを期待する

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.