ラクティス新型NCP120(トヨタ)の評価レビュー

新型ラクティスはこれからのスタンダードコンパクトカー

ラクティス

少し背の高いコンパクトカー

新型ラクティスは2010年11月にフルモデルチェンジデビューした。既に新垣結衣のCMでもおなじみだ。
現在はコンパクトカーの多様化が進んでおり、我々は様々なタイプのコンパクトカーを選択することができる。そんな中ラクティスのような少し背の高いコンパクトカーはこれから販売台数を伸ばすメインストリームとなるだろう。

新型ラクティスのコンセプト

取り回しのよさ

新型ラクティスは全長を4m以下に抑えた。サイズが小さいという事はそのまま取り回しの良さに繋がり評価を上げている。それだけでなく、角張ったヘッドライトで見切りのよさを取り入れるなどの工夫も評判が良い。

スタイリングも重視

今回のフルモデルチェンジでは空力特性の為とスタイリングの追及の為、先代に比べ全高を下げた。ダウンサイジングとなったが、それでも室内の広さをを確保した点は評価したい所だ。また、軽量化も実現させたことは燃費性能の改善効果も期待できる。
エクステリアデザインは3つから選ぶことができる。まず、GグレードとXグレードはエッジのきいたデザインが特徴だ。二つ目はSグレードでスポーティーな顔つきが評判だ。そして3つ目はレピスというグレードで女性に親しまれそうなやわらかな表情のフロントグリルとなっている。

広さをしっかり確保

車幅は先代と同じだが、室内幅は40mmも拡大させている。より広々とした室内空間となった。
後席はシートクッションもしっかりしているし、ちゃんと座れるものに仕上がっている。前席シートの形状工夫によりニースペースも余裕ができた。さらにリアシートは4段階リクライニングも可能だ。先代では後席の乗り心地は欠点の一つであったが、フルモデルチェンジした新型ラクティスではしっかり改善してきてきる。

一番の長所は荷室の広さ

新型ラクティスの最も特徴的な長所は荷室の広さだ。リアシートを倒さない状態でも荷室長760mm、荷室高910を確保しているのは素晴らしい。4人家族の荷物をしっかり積載して旅行することも可能だ。また、小さな荷物を積む為の工夫もあり、トランクフロア下は収納ケースがついている。後席はリアゲート側からのレバー操作で簡単に倒せるのも評判がいい。
荷室の容量と使い勝手はライバルとなるフィット、ノートなど他のコンパクトカーを圧倒しているだろう。

エンジンタイプは2タイプ

エンジンは1.3Lの1NR-FE型と1.5Lの1NZ-FE型の二種類をラインナップ。共にタイミングチェーン採用エンジンのためタイミングベルトの交換メンテナンスは不要だ。
FFだけでなく4WDもチョイスできる。また、4WD車もトランスミッションがCVTとなっており低燃費を実現した。
前述の3つのエクスエリアタイプと相まって選択バリエーションは豊富だ。
1.3Lエンジンモデルが¥1,445,000~、1.5Lモデルが¥1,545,000~となっており、コンパクトカーとしてはやや高めの価格設定である。

関連するレポート

[ 2011/01/18 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.