プリウスワゴン(トヨタ)の口コミ評価

プリウスワゴンは5人乗りワゴンボディのハイブリッド

プリウスシリーズに新しくワゴンボディのプリウスVが加わる。
プリウスVは北米市場での現在の呼称で今後変更される可能性もある。プリウスアルファとの噂も。

大きなボディ

ノーマルのプリウスと比べ、車体は大きく感じる。
ワゴン部分の全長が155mm延長しただけでなく、全高も85mm高くなった。
ボディデザインもルーフの後半が下がることなく、後ろまで高い全高を維持している。
プリウスワゴンの後席は、頭上空間が広々とし、ミニバンのような開放感のあるものとなった。
ただし、この大きなボディは敬遠するユーザーも出てくるはずだ。
コンパクトカーや軽自動車が人気の雰囲気では、ノーマールのプリウスでさえ十分大きな車だ。
プリウスワゴンの車体サイズであれば、7人乗りのミニバンを求めてしまうのが、今のユーザーである。
その分、7人乗りバージョンのプリウスプラスに関しては、特に日本市場での期待が大きくなっている。

乗り心地の改善も期待できる

プリウスワゴンはノーマルプリウスに対してホイールベースが80mm延ばされている。
走行安定性はより高くなっている。
また、ワゴンボディで重くなった車体は乗り心地の面ではプラスだ。
ボディが大柄になった分、走り自体の楽しみは薄れるが、しっとりと安定したサスペンションの動きが期待できる。

人気車となるか?

現行のノーマルプリウスは空前のヒット車となったが、プリウスワゴンはどうだろうか?
通常のガソリン車では5人乗りワゴン車(いわゆるステーションワゴン)は人気がほとんどない状況である。
トヨタの乗用車ラインアップの中では、カルディナが生産中止した現在、カローラフィールダーとマークXジオ(5人乗りタイプ)のみである。
個人の乗用車として、人気車となる可能性は薄いが、法人需要で伸びる可能性が高い。
ただし、7人乗りミニバンのプリウスプラスに関しては、人気車となる可能性を十分に秘めている。
プリウスワゴンプリウスワゴンフロントシートプリウスワゴンリアシートプリウスワゴンのラゲッジルーム

スペック(プリウスワゴンと現行プリウスの比較)

prius-wagon-spec

トヨタのPRIUSシリーズまとめ

プリウスシリーズは全部で4種類のボディタイプでのラインアップが計画されている。
既に発売中の5人乗りハッチバックのプリウスにまず追加されるのが、ワゴンボディのプリウスVである。
「プリウスV」は北米仕様の呼称であり、日本名は「プリウスα」との噂も。わかりやすく「プリウスワゴン」の可能性もある。

プリウス 5人乗りハッチバック 発売済み
プリウス+
(プリウスプラス)
7人乗りミニバン 2011年夏予定
プリウスV
(プリウスα)
(プリウスワゴン)
5人乗りワゴンタイプ 2011年夏予定
プリウスC
(ヴィッツハイブリッド)
5人乗りコンパクト 2012年予定

ワゴンタイプ・ミニバンタイプ

プリウスワゴンは2011年夏のデビュー予定で、ゴールデンウィーク前での正式な発表や予約受け付けも考えられる。
細かいラインアップや価格設定は、採用されるバッテリータイプによって左右されそうだ。
ニッケル水素バッテリー搭載グレードが設定されれば、200万円台半ば付近のベーシックグレードもありえるだろう。
ただし、リチウムイオン電池の搭載グレードが実質的なメイングレードになる可能性も否定できない。
特に、ミニバンタイプのプリウスプラスはリチウムイオン電池を採用した上級グレードのみの可能性が少なからずある。その場合のプリウスプラスの車体価格は300万円を超えることが想定される。
7人乗りミニバンのプリウスプラスはプリウスワゴンとの同時発売(2011年夏)が予想される。

コンパクトハッチタイプ

過去にはヴィッツハイブリッドとも噂された、コンパクトカークラスのハイブリッドは、プリウスCの呼称でデトロイトモーターショーでお披露目された。
まだ、コンセプトモデルの段階である。
プリウスCがデビューする2012年のコンパクトカーカテゴリーは競争過熱が予想される。
プリウスC、フィットハイブリッドといったハイブリッドカーの他、ミラーサイクルエンジンで燃費性能を大幅に向上させたデミオ、マーチスーパーチャージャーといったノーマルガソリン車などがひしめき合う。

関連するレポート

[ 2011/03/07 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.