プリウスPHV価格は320万円、JC08モード燃費61プラグインハイブリッド

プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の予約を受付中

(写真は、東京モーターショーに展示されたプリウス・プラグインハイブリッド)
プリウスプラグインハイブリッド
ハイブリッドカーに続く次世代環境車の開発競争が各社で行われているが、トヨタではプラグインハイブリッド方式をメインに進めていく方針。
そんな中、発売されたのがプリウスPHVである。
プリウスPHVは、これまで法人リース専用車種として実用化されていたが、今回はこれが一般向けに発売される。
この法人リース仕様のプリウスPHVは、バッテリーをある程度使いきるまでEV走行を続け、その後ハイブリッド走行に切り替わっていた。
新型では、ドライバーがEV走行とハイブリッド走行のどちらを選択するかをボタンを押して切り替える機能が加わる。

プリウスプラグインハイブリッドの予約受付は既に11/29より始まっており、発売は来年2012年1月30日の予定。

プリウスプラグインハイブリッドの実質負担金額は275万円

プリウスPHVの車体価格は320万円だが、政府からの補助金の45万円を差し引くと実質負担は275万円になる。
従来型のプリウスSとの価格差は43万円。
プラグインハイブリッドとしては数年前では考えられないほど手に届きやすい価格になったが、車両価格差の43万円をガソリン代の差額で取り返すのは、JC08モード燃費で61km/Lを達成したと言えど、一般的な走行では難しい。

プリウスPHVのボディデザインは従来型プリウスと共通

新型プリウスPHVのハイブリッドシステムは、エンジン出力やモーター出力など動力部分に関しては従来型プリウスと共通となる。
従来型プリウスでも2kmのEV走行が可能であったから、パワーユニットの大きな変更は必要無いというわけだ。
従来型プリウスに大容量のリチウムイオンバッテリーをトランクルーム床下に積載させたのがプリウスPHV。
ニッケル水素バッテリーからリチウムイオン電池へと大きく進化したが、車体重量を比較すると、従来型のプリウスGが1350kg、新型のプリウスPHVが1420kgで70kgの重量増となる。
トランクルームの圧迫や重量増で加速が悪くなることは通常のプリウスと比較して弱点になるだろう。
(写真は、プリウスPHVのバッテリー積載部分のカットモデル)
プリウスphv リチウムイオンバッテリー

この他に、電源設備の工事で9万5000円の追加費用が必要になり、設置場所の問題もあることもデメリット。
ボディサイズやデザインは従来型プリウスとほぼ共通でフレッシュさが無い。
これらのように、従来型プリウスと比較してプリウスPHVには弱点が多いのだ。
プラグインハイブリッド車が、従来型ハイブリッドを超える人気車種になるのは、あともう少し先になるのではと考える。

関連するレポート

[ 2011/12/20 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.