プリウスが100万台記念特別仕様車に新色追加

国内累計販売100万台達成記念、LEDエディションに専用色を追加

最近はプリウスと言えば、ワゴンタイプのプリウスαのシルエットを思い浮かべてしまうが、ハッチバックタイプの三代目プリウスもまだまだ人気があり受注台数の多い車種だ。
そんなプリウスだが、昨年2010/10よりS-LEDエディション、G-LEDエディションとして特別仕様車が販売されている。
これに新たな特別色が2色、ライトブールマイカメタリックとブロンズメタリック加わった。

S“LEDエディション”

特別に設定されている装備は、LEDヘッドランプ、本皮巻きステアリング、スエード調シート、ファブリック巻き大型コンソールボックスといったもので、車体価格は236万円からとなる。
個人的には、このエディションであれば、通常のLシリーズ(205万円~)で十分であると感じるし、30万円の価格差を見出すのが難しい。

G“LEDエディション”

S“LEDエディション”の装備に加え、ダークプレミアムメタリック塗装ホイールキャップやレザーシートが装備され、ゴールドの内装の装飾が加わる。
どうしてもプリウスで高級感のある室内を演出したいなら、G“LEDエディション”の選択もありえるだろう。
ただし、車体価格が276万円~となり、プリウスにここまでの金額を出せるかどうかは微妙なところだ。
高級なハイブリッドを選ぶなら、SAIやクラウンハイブリッド、レクサスCT200hの方が興味をもつユーザーが多いのではないだろうか。もちろん価格帯はもっと上になるのだが。

プリウスαの受注が5万台を突破

先月5/13に発売されたプリウスαであるが、発売から1ヶ月で販売台数が5万2000台となり、当初の目標を大きく上回ることができた。
ただし、納車の時期はかなり遅くなり、今からの予約では、来年の2012/4以降になる可能性が高い。
特にリチウムイオン電池が採用された3列シートモデルについては、バッテリーの供給状態が思わしくなく、納車までに多くの時間が必要となりそうだ。
この3列シートモデルは1万4000台を受注しており、全体の26%に留まっている。
発売前はコンパクトミニバンタイプの3列シートモデルに注目が集まっていたが、リチウムイオン電池採用による車体価格の高さや納車が遅くなる問題から、2列シートのワゴンタイプに受注台数が押されている。
2列シートモデルは3万8000台を受注しており、従来型のニッケル水素バッテリーを採用したことで車体価格を低くしたことが受注をより多く伸ばした。

関連するレポート

[ 2011/06/15 ]
#1 スーパーパーシー!2017/04/17(Mon)18:37:40
今晩は!今年はプリウス誕生20周年イヤーですね♪ぜひせっかくだから現行プリウスの話題復活の為にGRスポーツと過去の人気色復活と値下げ、お願いします。後、安全装備の進化や、人気オプションも色々と全グレード標準装備化もしてください。新型プリウスPHVも増産していただきたいです。そうすればもっとプリウス誕生20周年イヤーにふさわしくなると思いますので。期待してます!!

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.