トヨタ新型イスト(二代目)110型の評判と実燃費

トヨタ二世代イストは北米仕様のサイオンxDの国内モデルである。コンパクトカーとSUVの間をつなぐクロスオーバーのカテゴリーから登場した先代イストからフルモデルチェンジを果たしP110型として2007年デビューした。
先代のイストは大ヒットモデルとなったが、二代目はサイズと価格がワンランク上がり、販売台数的にはやや落ち着いたものとなっている。
二代目ヴィッツのプラットフォームを採用し、ホイールベースはそのままで幅を広くしたものを使っている。
少々頼りなかったヴィッツの土台の上にさらに大きなSUV風の車体が載ったことによる乗り心地、運転のしやすさはどんなものかレポートしてみる。

トヨタ新型イストの長所

ラゲッジスペースはやや大きめ

荷室の容量はこのクラスの中で大きい方である。後席もスライドできるので、人も荷物もたくさん積載することができる。SUV風といっても大きく見えるだけで、実際コンパクトカーのサイズであることを考えると良く出来ている。

トヨタ新型イストの短所、欠点、弱点

乗り心地はいまいちかも?

やはりヴィッツのベースに大きなSUV風の車体を載せて、さらにタイヤは16インチとくれば乗り心地ははっきりいって悪い。足回りはヴィッツに比べるとやや硬めセッティングされているが、ハンドリングはドライブを楽しめるレベルではない。もちろん普通に運転できるし、道具と割り切れば何ら困る事はない。

シートは

やや高い価格設定のわりには、標準的なコンパクトカーのシートである。ただ、前席のサイズはやや大きめに作られている。
後席は座面長が短めでクッションも薄く、ロングドライブは若者でなければつらいだろう。空間的な広さは十分であり、コンパクトカーにありがちな閉塞感はない。停車しているときの居住性は文句ないだろう。

新型イストの実燃費(110型)

1.5,CVT,FFの条件では12~16km/Lの報告が多いです。1.5,CVT,4WDの条件では少々悪化し、10~12km/L程度の報告が多いです。

カーオークション中古車相場結果

イスト1.5Lエンジン1NZ-FE搭載モデル

すべて、2010年10~11月の落札結果で2年落ち中古車となる。
イスト 150G 2007年式 NCP110 ブラウン 評価4.0点 49,000km … ¥1,090,000-
イスト 150G 2007年式 NCP110 グレー 評価4.0点 22,000km … ¥1,178,000-
イスト 150G 2007年式 NCP110 パープル 評価4.0点 22,000km … ¥1,075,000-
イスト 150X 2007年式 NCP110 ブラック 評価4.0点 42,000km … ¥928,000-
イスト 150X 2007年式 NCP110 ホワイトパール 評価4.5点 35,000km … ¥873,000-
タマ数は多めであり、ボディ色、グレードもある程度選べます。

イスト1.8Lエンジン2ZR-FE搭載モデル

2010年10~11月の落札結果です。
イスト 180G 2007年式 ZSP110 グレー 評価4.5点 20,000km … ¥1,004,000-
イスト 180X 2008年式 ZSP110 シルバー 評価5.0点 24,000km … ¥920,000-
タマ数は少なめです。1.8Lエンジンですが人気薄のため1.5Lモデルより低めか同じぐらいの相場です。
多人数乗車の機会が多い場合は1.8Lがお奨めです。

トヨタ二代目イストの故障、トラブル、メンテテンス

エンジンは1NZ-FE,2ZR-FEの二種類

先代の1.3リッターエンジンは廃止となっている。
まず1NZ-FE,DOHC,1.5LエンジンはCVTの組み合わせであり燃料消費率が最も優れている。タイミングベルト交換不要のタイミングチェーン採用エンジンであり、メンテナンス費用を抑えることができる。
そして、デュアルVVT-i装備の2ZR-FE、1.8Lエンジンは4ATとの組み合わせとなる。2ZR-FEもタイミングチェーンが使われており、後々の修理交換の出費の心配が少ない。
4WD車は電子制御カップリングを使うアクティブコントロール4WDを採用しているので、簡単にFFへの切替が可能だ。燃費を気にするユーザーも満足できる。

関連するレポート

[ 2011/01/05 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.