トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

新型カムリ日本仕様は、北米仕様とは内外装が微妙に異なる

トヨタのミドルクラスセダン、新型カムリ日本仕様のエクステリアおよびインテリアの画像が2017年5月18日に公開された。

(写真は新型カムリ日本仕様)
カムリ日本仕様

本モデルで10代目となるカムリは、2017年1月の北米国際オートショーでワールドプレミアを済ませていた。今回は日本市場に向けたアナウンスということで、2017年夏の発売が予告された。発売日は7月10日が有力とされる。

カムリ リアコンビネーションランプ

新型カムリは、SAIとマークXの販売枠を引き継ぐ、取り扱い店拡大

公開された新型カムリの画像からは、ヘッドライト内部デザインが日本仕様独自であることがわかる。フロントグリル両サイドに置かれたフォグランプらしきものもデトロイト発表時には無かった。

新型カムリ インテリア

後方からは、リアコンビネーションランプの内部パターンが異なるのに気づく。北米仕様はリアフェンダー後方に細長いエアアウトレットが置かれていたが、日本仕様ではこれが省かれておりシンプルな印象となった。

カムリ トヨタ

また、パワートレインついては先代型に引き続きハイブリッド専用車として販売されるという予想であった。写真から認識できるエンブレムの状況からもその可能性は高いだろう。

(写真はカムリ北米仕様)
カムリ2018

これまでのカムリは、北米での販売がメインで、日本市場では影の薄い存在であった。しかし今回の新型カムリは、後継モデルが設定されないSAI、マークXの販売枠を引き継ぐ役目が与えられており、国内の販売台数が大幅に増えることが予想される。取り扱いディーラーも従来のトヨタカローラ店に加えて、トヨペット店、ネッツ店、東京トヨタ店と幅を広げる。

関連するレポート

[ 2017/05/19 ]
#1 匿名さん2017/05/20(Sat)21:16:13
このクジラグリル・・・個人的にはどうも好きになれない。
スピンドルグリルもだけど・・・。
#2 匿名さん2017/05/21(Sun)00:40:21
このフロントデザイン勘弁してほしいわ。
#3 a2017/05/21(Sun)13:00:50
グリルが強調される画像だとうるさく感じるが、4枚目の画像だと普通に見える
そんなに気にならんと思うがなぁ
カローラのは酷かったが、かなりデザインがこなれて来たと思う
#4 匿名さん2017/05/21(Sun)13:01:38
SAIとマークXを整理してレクサスブランドで同タイプを再登場ってやり方!
デザインは中途半端に若作りしたおじさん風って感じがトヨタの特徴と考えよ。
#5 匿名さん2017/05/21(Sun)14:12:31
ティアナもアコードもほとんど見かけないからなぁ
北米で売るついでなんだろうね
#6 匿名さん2017/05/21(Sun)14:31:48
横1800mm以下ならいいけど、駐車場の関係でこれ以上だと止められないって人も出てきそう。
#7 匿名さん2017/05/22(Mon)12:27:16
SAIのが断然良いんだがな
これダサダサだよー
#8 匿名さん2017/05/23(Tue)14:26:55
最近のトヨタ車やレクサスのフロントデザインは、トヨタ自動車(株)のコスト削減の為の酷いエクステリアデザインなのです。
#9 匿名さん2017/05/23(Tue)21:45:48
取りあえずハイブリッドカー作っときゃ良いって感覚がね・・・こりゃ、車離れが加速する訳だわ。
#10 匿名さん2017/06/10(Sat)20:48:52
新型カムリ期待していたのに
このフロントデザインは
最悪でガッカリです

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.