アクアの価格は?トヨタ新型ハイブリッドが東京モーターショーに出展

新型アクア、年明けにも発売、価格はどうなる?

アクアが東京モーターショーに出展され、いよいよ発売が迫ってきた。
価格はまだ正式発表されていないが、Lグレード169万円、Sグレード179万円、Gグレード185万円という情報もリークしている。
この他に、リアドアのウィンドウを電動パワーウィンドウから手動式に簡略化した超廉価グレードが設定される可能性も出ている。
もちろん法人向けを想定した装備だが、このグレードがフィットハイブリッドと同価格の159万円になるという予想も出てきている。
アクアの正式な価格発表は12月26日。
年始から発売が始まる予定だ。
アクア

東京モーターショーに出展されたアクア

アクアは、現在開催中の東京モーターショーのトヨタブースで出展されている。
展示されているアクアはほぼ完成車に近い状態で、シートに座ってハンドルを握ったり、シートアレンジを変えることも可能だ。

アクア後席
新型アクアは、全高の低さと駆動用バッテリーを積載している関係上、リアシートの居住性が悪いのではと懸念されている。
確かに最近のコンパクトカーとしては窮屈な感じはある。

アクア インパネ
内装はコンパクトカーらしく価格相応の質感。
ただし、シートは座面長が長く、座り心地はヴィッツよりいいと感じた。
エクステリアは、ヴィッツやフィット等ありがちな普通のコンパクトカーよりもスポーティーな雰囲気。
アクアのデザインが公開されてからというもの、フロントマスクについては評判があまり良くなかった。
しかし、実物を見てみると、全高1445mmという最近では珍しいロースタイルの伸びやかなボディラインが印象的で、フロントマスクの悪さは感じなかった。

アクアのハイブリッドシステムは2代目プリウスと共通なのか?

アクアは先代プリウスのハイブリッドエンジン、1.5LのTHSⅡを流用することで、ハイブリッドシステムをコストダウンしている。
10・15モード燃費は、40km/Lを達成。
このアクアの1.5LのTHSⅡだが、実際には先代プリウスから大幅な改良が加えられ、小型軽量化している。

アクア ハイブリッドエンジン
上の写真の左側が2代目プリウスのバッテリーとハイブリッドエンジン、写真の右側が新開発されたアクアのものだ。
右側のアクアのシステムが見た目にも小さいことがはっきりわかる。
ハイブリッドエンジン本体は、長さで51mmの短縮、16.5kgの軽量化。
トランクアスクルは、21mm短くなり、8.0kg軽くなった。
HVバッテリーは、長さで148mm短くなり、11.0kg軽量化している。
これらの小型軽量化で、アクアのような小さな車体でもトランクルームを広く取ることに成功している。

アクア トランクルーム

ただし、リアシートを倒した時の段差は大きく残り、フルフラットにはならない。

関連するレポート

[ 2011/12/04 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.