アルファード・ヴェルファイアのハイブリッドモデルが登場

燃費のいい大型ミニバンアルファード・ヴェルファイアハイブリッド

最近では燃費に対する意識の高まりで、かつてのミニバン人気は衰えつつある。
多人数乗車が必要なドライバーもウィッシュ、ストリームといったスモールミニバンやノア、ヴォクシー、セレナといったミドルクラスミニバンの選択へと移りつつあるのが現状だ。
そんな中、アルファード・ヴェルファイアのラージクラスミニバンの人気は未だ健在と言える。
今回、アルファード・ヴェルファイアがマイナーチェンジをするが、その中でハイブリッドモデルがラインアップに加わることになっている。
MC時期は当初今年2011年8月あたりとなっていたが、震災の影響で若干の遅れが生じる可能性もある。

エスティマと共通のハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムはエスティマでも実績のある2.4Lのガソリンエンジンとモーターを組み合わせたシステムになる。
初代アルファードの時代で既にハイブリッドモデルが存在していたが、これはトヨタのハイブリッドシステムの中では第一世代にあたるTHS-C型である。
今回のMCで追加されるモデルは第二世代ハイブリッドシステムとなり、燃費性能がかなり向上することになる。
モーター出力もアップし、フロントモーターは13kWから105kWへ、リアモーターは18kWから50kWへと変更される。
これだけでも大幅なトルクアップが望めるが、さらにリダクションキア(減速ギア)を備え、低速時の加速を向上させている。
初代のアルファードハイブリッドは、まだまだエンジン出力の比率が高いパワートレーンであったが、次期モデルではよりモーターアシストの比率を高め燃費と走行性能の向上が図られている。

バッテリーもパワーアップ

パワーアップするのはモーターまわりだけではない。
バッテリーは216Vタイプから245Vタイプへグレードアップ。
さらに、可変電圧システムも備え、650Vまで昇圧させることも可能となっている。

ガソリンエンジン部分も改良

排気量は2.4Lと変わらないものの、従来の131馬力から150馬力に向上させている。
これだけの大出力化されたエンジンとモーターを装備すれば、走行性能を重視するようなユーザーからも支持を得ることができるはずだ。

4WDと2WDを切り替えて燃費走行

プリウスを代表とするハイブリッド車の多くがエンジン、モーター含めてFFの2WD駆動となっている中、アルファード・ヴェルファイアハイブリッドは4WDシステムとなっている。
発進時は前後のモーターをメインで駆動させ、低速の巡航モードではガソリンエンジンメインの2WDに切り替わる。
このような駆動方式の切り替えによる燃費向上策が盛り込まれているのも興味深い。

10・15モード燃費は19.0km/L

カタログ燃費(10・15モード)については、旧アルファードハイブリッドが17.2km/Lに対して、新型アルファード・ヴェルファイアハイブリッドは19.0km/Lとなる。
同様のハイブリッドシステムを持つエスティマハイブリッドが20.0km/Lであるから、車体重量の増加分を考えれば妥当な数値と言えるだろう。

関連するレポート

[ 2011/06/24 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.