スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

スズキのニューモデルラッシュ、スペーシアに新たなフロントデザイン

スズキからスペーシア カスタム Zが2016年12月26日に発売されることになった。

(写真は新型スペーシア カスタム Zのティザー画像)
スペーシア カスタム Z

スズキのスーパーハイト軽ワゴンのスペーシアに新エクステリアを身に纏うカスタム Zが追加発売される。2016年内のニューモデルラッシュを目論むスズキであるが、新型軽自動車の噂はワゴンRではなく、このスペーシア カスタム Zであったということになるだろう。

(写真は従来型スペーシア)
スペーシア

既にスペーシア シリーズはマイルドハイブリッドシステムを採用しているなど、スズキの軽自動車としては最新のテクノロジーが投入されている。ここからさらに新技術が採用される可能性は低く、カスタム Zで特別なのはエクステリアのみか、あるいはインテリアまでということになるだろう。

(写真は従来型スペーシア カスタム)
スペーシア カスタム

スペーシアは販売台数で結果が出ていない、新エクステリア追加で上乗せ

さて、スーパーハイト軽ワゴンの市場拡大のきっかけとなったのはダイハツ・タントの人気のよるところが大きいと考える。スズキはこれに対抗するため先代型のパレット、そして現行のスペーシアを投入してきた。さらにホンダ・N-BOX、日産・デイズルークス、三菱・eKスペースといった同セグメントのライバルモデルも出揃い混戦状態となっている。

(写真はダイハツ・タント)
タント

販売台数を比較すると、スペーシアは月販6~7千台レベルに留まっており、これは市場をリードするタントやN-BOXに対して、半分程度の水準となっている。従来モデルに対して押し出し感の強いエクステリアが与えられた新型スペーシア カスタム Zは、こういった状況を打開するための方策の一つと考えられる。

元々スペーシアシリーズは、ライバル車の中で唯一ハイブリッドシステムを採用するだけあって、JC08モード燃費は最高で32.0km/Lとダントツの性能を誇る。今回エクステリアのバリエーションが増えたことで、販売台数を確実に上乗せしてくることが予想される。

関連するレポート

[ 2016/12/10 ]
#1 匿名さん2016/12/11(Sun)14:41:28
?……ワゴンR?
#2 (・・)2016/12/11(Sun)18:27:37
食傷気味の外観
#3 匿名さん2016/12/11(Sun)22:07:26
スズキと日産のデザインが近づいてる気が
#4 匿名さん2016/12/12(Mon)12:42:27
こんにちは!
スペーシアで、カスタムZですか!?

OEM車である「マツダ フレアワゴン」も、カスタムZを発表して欲しいです!
#5 匿名さん2016/12/12(Mon)12:43:34
こんにちは!
スペーシアにカスタムZですか!?

マツダ フレアワゴンも、カスタムZを出して欲しいです!
#6 a2016/12/12(Mon)19:29:29
初期型カスタム乗ってるけど、めちゃ派手で羨ましい、色もいいね
でもモデルチェンジサイクル考えると1年位しか売らんのだろうか
#7 匿名さん2017/01/04(Wed)17:10:52
Tモデルを買おうと思ってたらなくなってた。こんな見た目じゃなくていいから、Tを復活させてくれ

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.