スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

スズキがハスラーの登録車版を開発中、2018年中頃の発売が予想される

スズキ・ハスラーは軽自動車規格のクロスオーバーSUVとして2014年1月に発売されたモデル。その登録車版であるハスラーワイドが計画されている。

(写真は現行ハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

ハスラーの販売から早くも3年半が経過するが、当初の月間目標台数5000台を今なお達成しており、スズキとしては作っただけ売れるというオイシイ状況が続いている。そんなセールス的大成功を納めたハスラーに登録車版が設定されるというのは、スズキのこれまでのパターンから考えれば当然の流れである。現在、登録車で人気となっているソリオも、ワゴンRのワイド版であるワゴンRソリオなどがルーツ。初代スイフトについてもKeiのワイド版という位置付けで、実際に多くのパーツが共用されてきた。

ハスラー ロードバイク スタイル 東京オートサロン

ハスラーワイドはイグニスをベースに開発中、ハスラーデザインの派生モデル

ハスラーワイドについては、登録車のイグニスと多くの部分で共通化される見込み。軽自動車の本家ハスラーと共用されるのは、主にエクステリアデザインに限られそうである。現在のスズキでは、多くの登録車モデルがラインアップされており、ハスラーワイドを開発するにあたって敢えて軽自動車をベースにする必要はない。

(写真はイグニス)
イグニス スズキ イグニス

2016年1月発売のイグニスは、まだ発売から1年半を過ぎたところであるが、販売台数は1000台を下回る月もあるほど。グローバル向け商品として開発されたイグニスを日本で売るのはちょっと無理がある。その車体をベースにハスラーデザインのエクステリアで派生モデルを設定すれば、日本でも売れるモデルが出来上がるというわけだ。

(写真は1.0L ブースタージェットエンジン)
スズキ ブースタージェットエンジン1.0L

ハスラーワイドの発売時期は2018年中頃が予想される。搭載されるエンジンは1.2Lマイルドハイブリッドと1.0Lターボが有力となっている。

関連するレポート

[ 2017/07/24 ]
#1 匿名さん2017/07/25(Tue)22:28:04
このサイズの車作りはスズキが得意としてるな…
アクアのクロスオーバーもこのくらいしないとインパクトないよな。
しかし、自動車税の変更で中間サイズの排気量の車が嫌われ始めている。世界で戦って行く中では、完全に足を引っ張る改変だったよな。
#2 匿名さん2017/07/26(Wed)10:06:12
登録車って言い方が嫌だ
#3 匿名さん2017/07/27(Thu)14:23:08
今年1-2月に見たイメージデザインはイグニスのまんまでとてもハスラーワイドを名乗ってはいけないデザインだったが、本当にどうなるやら。軽のハスラーのまんまのデザインで拡大してくれれば売れるだろうが果たして。
#4 匿名さん2017/07/31(Mon)10:02:41
イグニスいらない子
#5 サーフィス2017/08/01(Tue)21:53:16
ハスラーワイドも1.2Lマイルドハイブリッド車だけでなく1.2Lストロングハイブリッド車も出して欲しいと思います。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.