レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

レヴォーグ後期型は新開発アイサイト ツーリングアシストを標準装備

スバルのステーションワゴン、レヴォーグがマイナーモデルチェンジを受けて後期モデルに移行し2017年8月7日に発売される予定である。

(写真はレヴォーグ後期モデル)
レヴォーグ

北米向けに大型化してしまったレガシィの枠を引き継ぐステーションワゴンモデルとして、レヴォーグは2014年に新規発売された車種。以降、年次改良を受けながらA型からD型へ進化し、特に今回は大幅改良ということで後期モデルとなった。エクステリアではフロントグリル、フロントバンパー、LEDヘッドランプにおいて新デザインが採用されており、フェイスリフトが施されている。

レヴォーグ リアコンビネーションランプ レヴォーグ サイド

アイサイトツーリングアシストはレヴォーグの他、WRX S4にも採用

後期型レヴォーグの装備面で注目されているのが、スバルの新技術「アイサイト・ツーリングアシスト」である。アイサイトのステレオカメラによる前方認識とミリ波レーダーによる後方認識を元に、単一車線における自動操舵と車速コントロールが提供される。国内ブランドでは日産がプロパイロットとして同様の機能をセレナなどに採用済みであるが、スバルも自動運転化に向けて大きな一歩を踏み出したことになる。

アイサイト ツーリング アシスト

ツーリングアシストの完成度としては、日産のプロパイロット同様にまだ半自動運転といったところ。ハンドルを持たないと警告音が鳴り、手放し運転はできない。それでもロングドライブでのドライバーの負担は大きく低減されることになるだろう。

レヴォーグ D型 レヴォーグ インテリア

アイサイト ツーリングアシストはレヴォーグの他、同じく8月7日発売のWRX S4にも導入される予定となっている。

関連するレポート

[ 2017/07/17 ]
#1 匿名さん2017/07/18(Tue)22:00:57
グリーンハウスのメッキモールが下端にしか無くて中途半端すぎる。これなら無い方がマシ。
#2 匿名さん2017/07/19(Wed)20:12:53
自動運転自動運転・・・・
そんな面倒なら免許返上して
運転止めちまえ
#3 匿名さん2017/07/20(Thu)12:42:24
自動運転は大変夢のある技術だと思います。年配の人でも安全に移動できますしね。大いに進めて欲しいところです。
#4 匿名さん2017/07/20(Thu)16:27:00
自動車事故の年間死亡者数って四千人ぐらいだっけ
これ完全自動運転になったら5人とかにならないか
完全普及ふくめて30年後ぐらいには実現してそう
#5 匿名さん2017/07/22(Sat)07:39:37
自動運転は身を滅ぼすチキンレース。
行き着く先は自家用車の絶滅。
自動車は公共交通になり販売台数が激減、
多くのメーカーは倒産。
#6 匿名さん2017/07/24(Mon)05:34:05
注意1秒怪我一生
これは昔の諺になりつつありますね。
運転支援システム、結構じゃないですか!!
これに反論する馬鹿 ↑ が多いことに驚いています。
#7 匿名さん2017/07/24(Mon)08:46:30
いくらかは自動運転タクシーにシフトするでしょうね
しかし、都市部では今もクルマ持たない人が多いし、郊外では今より便利な必須アイテムになるはず
いまとあまり需要台数変わらないのかも
#8 匿名さん2017/07/31(Mon)23:31:18
自動運転って作動条件があるから、マニュアル運転できることは前提になるのでは?
一般道を考えたら、アシストしてくれる程度と考えてるんだけど。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.