スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

日産はスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトを出品

日産は東京オートサロン2017でスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトを出品した。

(写真はスカイライン プレミアム スポーツ コンセプト)
スカイライン プレミアム スポーツ コンセプト

毎年1月に開催される東京オートサロンは、カスタムカーイベントということもあり、派手な装飾がなされたクルマが数多く並ぶ。そんななか、日産が発表したスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトは地味ながらも非常にクールに仕上がっており注目された。

マットシルバー色でペイントされたボディは、同ブランドのフラグシップスポーツカーであるGT-Rを連想させる。足回りはブラック塗装された専用の19インチホイールが履かされ、タイヤハウスは上品に切り詰められる。なかでもフロントスポイラーおよびリアスポイラーはカーボン製となっておりクールなアクセントとしての役割を果たす。

日産スカイライン プレミアム スポーツ コンセプト

HYBRIDのプレートがあることから、V6 3.5Lハイブリッド仕様がベース車となっている。この雰囲気であれば、2.0Lターボ仕様でもキャラクターと合うだろう。

スカイラインシリーズは60周年を迎える、プレミアムとスポーツの両立

実は、スカイラインは初代モデル登場から今年2017年で販売60周年を迎える。長い歴史のなかでスカイラインはスポーツからプレミアムへイメージを変化させてきた感じがあるが、そのいずれもが両立する形でカスタマイズされたのが、今回のスカイライン プレミアム スポーツ コンセプトというわけだ。

スカイライン プレミアム スポーツ コンセプト 東京オートサロン2017

ここまで上品にスポーティに仕上げられると、現行スカイライン否定派のかつてのスカイラインファンもかなり気になる一台となるはず。

関連するレポート

[ 2017/01/16 ]
#1 匿名さん2017/01/19(Thu)13:21:20
>ここまで上品にスポーティに仕上げられると、現行スカイライン否定派のかつてのスカイラインファンもかなり気になる一台となるはず。

そうじゃないんだよ。現行スカイラインはあまりにも高価になりすぎて手が出せないんだよ。
#2 匿名さん2017/01/20(Fri)16:16:31
日本人は貧しくなったからねえ…
国内で売れないから各メーカーも米中での販売を強く意識するようになり、どんどん巨大化。そしてさらに国内で売れなくなる、という負の連鎖。
#3 匿名さん2017/01/20(Fri)21:44:48
最低ラインでもなんだかんだで450万
上を見れば600万オーバーの世界
V35の頃でもこんなにしなかったと思うんだが
とにかくミドルサイズセダンの値段じゃねぇ
#4 匿名さん2017/01/21(Sat)18:21:35
スカイラインの下になるとシルフィしかない日産のセダンラインナップ。
売れないから作らないのか、作らないから売れないのか・・・
シルフィも素材としてはいいのに・・・

SSSという日産にしかないグレードがあるのに、スポーツセダンを待ちわびる日産ファンの嘆きです。
#5 匿名さん2017/01/21(Sat)22:14:55
TOYOTAだってマークXなくなるよ
だいたいXってなんだよ
#6 匿名さん2017/06/17(Sat)21:41:51
スカイラインの値段が上がったのは確かだが、世界の日本以外の国はGDPも所得も伸びていて、日本だけが20年間そのままだから買えなくなっちゃったということ。
高いといっても同クラスのドイツ車やレクサスより安いし。
巨大化したといっても、アテンザやティアナなんかと違って実寸を知らなければ小さいと感じるデザインだから、それが原因で売れなくなってる訳じゃないでしょ。
エクストレイルみたいにデザインがまるっきり変わっても、CMで印象操作すれば売れ続けるわけだし。
#7 匿名さん2017/06/22(Thu)07:24:30
クラウンで十分
#8 匿名さん2017/07/17(Mon)20:47:54
よし。ラングレーを復活させるか。eパワーなら後輪駆動化もできるし。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.