日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

日産がセレナe-POWERを開発中、東京モーターショーで出品見込み

日産はセレナe-POWERを2018年初頭に発売する計画となっている。

(写真は現行セレナ)
セレナ highway STAR

2016年にフルモデルチェンジ発売された現行セレナは自動運転技術プロパイロットの搭載によって、人気モデルとなった。ただし、2017年度に入ってからはこれまで好調だった販売台数は伸び悩んでおり、車名別でもトヨタ・ヴォクシーに上を行かれている状況となっている。

セレナPro Pilot

セレナのプロパイロットはまだまだ改善の余地がある。それよりも燃費性能が抜群のTHSⅡハイブリッドを搭載するヴォクシー/ノアのほうが商品力として魅力的と多くのユーザーは捉えているようだ。そんななかセレナe-POWERは、これまでセレナの弱点であった燃費性能が大幅に改善されるモデルとして期待される。

セレナe-POWERはノートe-POWERをベースにモーター出力をアップ

(写真はノートe-POWER)
ノート e-POWER 日産グローバル本社ギャラリー

セレナe-POWERはノートe-POWERのシステムがベースとなる。ノートとセレナでは車体重量が大きく違うためモーター出力の増強が盛り込まれる見込み。ただし、発電専用エンジンの排気量は変わらず1.2Lのままである。増大する消費電力は、発電専用エンジンの駆動時間の延長や回転数のアップで補うということだろう。

ノート e-POWER エンジン

セレナe-POWERの発売は2017年夏頃になるのではとされていたが、これは延期となる。新たなスケジュールは、2017年10月の東京モーターショーでプレビューされ、発売日は2018年1月前後となる見込みだ。

関連するレポート

[ 2017/06/12 ]
#1 匿名さん2017/06/14(Wed)01:37:04
まだまだ情報不足だな〜
#2 匿名クン2017/06/14(Wed)04:43:28
「セレナの弱点は燃費」…
ではなくて デザインだと思いますが。
#3 匿名さん2017/06/14(Wed)16:48:30
ノートe-POWERより更なる回転数アップはやばいだろ外にいると結構煩いよあれ
#4 匿名さん2017/06/14(Wed)18:01:31
※2このクラスのデザインはどんぐりの背比べでしょう。
#5 匿名さん2017/06/16(Fri)12:38:14
今度はマイルドエンジンか……。
#6 匿名さん2017/06/16(Fri)14:06:45
排気量が1.2リットルのままって、ターボをつけるのか?。
ターボ付きハイブリッド、って売り込むつもりかも。
#7 匿名さん2017/06/16(Fri)16:37:17
ずるずるずるずる引き延ばしやがって
いい加減にしろよこの野郎
#8 匿名さん2017/06/17(Sat)21:04:27
セレナが売れてる理由は他より立派に見えるデザインでしょ。
e-POWERは次期リーフ用の110kWのモーターを使うんじゃないか?
発電用のエンジンは精々MR20DDくらいじゃないと高速走行が辛いと思う。
#9 匿名さん2017/06/17(Sat)21:09:19
e-POWERに1.2のスーチャーの可能性は無きにしもあらずだが、エンジンを頻繁に停止するからターボは無い。コストも高くなるし。
#10 匿名さん2017/07/05(Wed)22:26:28
さらなる高性能の電池ができれば、載せてくると思うよ。
あとは電池の性能アップや、プラグインをつけたり、
別の発電機を載せるだけだと思う。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.