次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

新型ノート、インビテーションがジュネーブモーターショーに出展

次期ノートとされるコンセプトカー、インビテーションが現在開催中のジュネーブモーターショーで公開されている。
これについて日産が新たなアナウンスを出した。
(写真は次期ノートのコンセプトカー、インビテーション)
次期ノート インビテーション
日産はこのインビテーションについて、「Bセグメントクロスオーバー、ジュークの仲間に加わる」と発表したのだ。
そこには、次期モデルとされるノートの名前は一切出て来なかった。
また、インビテーションのプラットフォームは、新型マーチと共通のVプラットフォームをベースに開発されていると発表。そのボディサイズは全長4150mm×全幅1740mm×全高1470mmと、現行ノートより一回り大きくなり、3ナンバーサイズとなっている。
多くのメディアでは、インビテーションをベースにした新型ノートのボディサイズについて、現行サイズを踏襲する5ナンバー枠に収まるものを予想するものが多いが、それはそれで納得できるもの。インビテーションはあくまでコンセプトカーなのだから。
しかし今回の日産の発表で、インビテーションがジュークの仲間だと発言したことで少し話が変わってきたのではないか。
インビテーションのデザイン、ボディサイズがそのまま新型ノートへ流用され、3ナンバーサイズになる可能性も否定できなくなった。

ただし、過去の事例から考えても、このクラスの車種を日本で売るにあたって、3ナンバー化は不利。
今回の日産の発表で、新型ノートとジュークを重ね合わさせたのは、単にデザイン性の高さのアピールか、あるいはジューク人気にあやかりたい、という理由だけかもしれない。

新型ノートの発売は6月頃とされていたが、現在は8月下旬という予測が主流になっている。
インビテーション

新型ノート、1.2Lスーパーチャージャー搭載モデルは遅れそう

新型ノートへ採用されるエンジンは、「NA 直4 1.5L」、「NA 直3 1.2L」、「スーパーチャージャー 直3 1.2L」、の3種類が検討されている。
まず、NA 直4 1.5Lについては、現行ノートのキャリーオーバーで、これにアイドリングストップが装備されたものになる。
JC08モード燃費は25km/L程度になりそうだ。

次に、NA 直3 1.2Lは、マーチと共通エンジンとなる。
1.5Lエンジンを超える燃費性能になりそうだが、もし前述のボディサイズ拡大が行われればパワー不足となり、このエンジンの採用はないだろう。

そこで期待されるのが、スーパーチャージャー 直3 1.2Lエンジン。
JC08モード燃費で30km/L程度が開発目標になっている。
しかし、このエンジンは開発が遅れており、開発本家のマーチスーパーチャージャーもまだデビューを果たしていない。
したがって8月下旬の発売には間に合わないと考えるのが妥当。
2013年あるいは2014年モデルのノートに追加投入されるという考えが主流だ。

関連するレポート

[ 2012/03/10 ]
#1 匿名さん2017/01/24(Tue)20:40:41
新型ノートで31、2Lとは点のうつばしよ違わないですか

#2 おじさん2017/03/01(Wed)16:55:41
直列3気筒、排気量1,2㍑を略しているよ。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.