デミオおすすめグレード比較、13Cと13スカイアクティブ

マイナーチェンジで走りが良くなったデミオのお薦めグレード

10・15モードでリッター30kmを達成したデミオ・13スカイアクティブが注目されているが、標準グレードの13Cと比較して車体価格が25万円以上も高いのは悩みどころ。
そんな、デミオのお奨めグレードを考えてみる。
スカイアクティブ・デミオ

スカイアクティブの実燃費は?

13スカイアクティブの高圧縮比エンジンは、高速巡航ではその実力を発揮するものの、市街地走行では従来型エンジンと大差ないというデータが出ている。
高速道路では19km/Lぐらいの実燃費を期待していいが、街乗りでは13km/L程度に落ち込む。
市街地走行では13Cと13スカイアクティブの差は、ほとんどないのが実情のようだ。
平均燃費を13スカイアクティブが16km/L、13Cは14km/Lとして、ガソリン価格をリッター150円で計算すると、走行1万キロあたりの差額は約1万3千円。
車両価格は13Cが114万9千円、13スカイアクティブが140万円。
となると、13Cと13スカイアクティブの車体価格の差額25万1千円をガソリン代で埋めるのは難しそうだ。
経済的には13Cが断然お薦めとなる。

加速感の薄いスカイアクティブの高圧縮比エンジン

13Cに採用されているZJ-VEエンジンは4ATとの組み合わせでも力不足を感じない。車重も軽く、加速や旋回性能は高い。
これに比べ13スカイアクティブはパワーが足りない。エンジンの幅広い回転域での力不足もあるし、車重も重い。CVTが搭載されているので、必要十分な加速はしてくれるものの、ZJ-VEと比較すれば燃費性能に重点をおいたセッティングである印象が強い。
ドライブを楽しむという意味でも、13Cがお薦めになる。

マイナーチェンジで走りが良くなった

今回のマイナーチェンジは13スカイアクティブの追加だけではない。
ボディーにも修正が入り、車体剛性がアップした。
車体の安定性が良くなり乗り心地は向上。運転もしやすくなっている。
これは、デミオ全グレード行われた改良で、13スカイアクティブだけでなく、従来エンジンが採用されている13Cでも同じく改良が加えられている。

お薦めは13C

自動車リサーチ的にお薦めは13Cとなる。
13スカイアクティブの燃費性能は素晴らしいが、高いお金を払ってまでして手に入れるべきものではない。
近い将来この低燃費エンジンが、デミオに標準化されるはずだ。
その時には低価格で買えるだろうから、高額な13スカイアクティブは、今は買うべきではないだろう。

自動車取得税が13スカイアクティブの方が9600円安くなるといった特典もあるが、総額と比較すれば微々たるもの。
このほかの税金、諸経費は差が無い。

関連するレポート

[ 2011/08/17 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.