マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

新型CX-8の外観ティザー画像、KODOコンセプトがベースの3列シートSUV

マツダでは、新型CX-8として3列シートクロスオーバーSUVモデルが開発中となっている。今回は新たに、エクステリアに関するティザー画像が公開された。

(写真は新型CX-8)
CX-8

新型CX-8は2017年内の発売がマツダから公式に予告されている。発表については9月にも実施される見込みで、この段階で車両価格、詳細スペックが明らかとなるだろう。10月の東京モーターショーで車体公開となることは間違いないが、これより先行して9月のフランクフルトモーターショーで公開される可能性もあるだろう。

CX-8 インテリア

新型CX-8、マツダ曰く3列目シートも大人がしっかり座れる

新型CX-8のボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースが2930mmとなる。海外向けにはこれより大きいCX-9もあるが、日本向けラインアップとしては最大サイズでありフラグシップモデルとなる。

3列目シートはホイールハウスの影響により二人掛けとなることが想定される。2列目ベンチシートの7人乗り仕様、2列目キャプテンシートの6人乗り仕様の2タイプがシート設定される見込み。マツダが「3列目まで大人がしっかり座れる」としている通り、前後長は比較的余裕があるようにエクステリアからも判断できる。

(写真はプレマシー)
premacy

この新型CX-8の登場と引き換えに、3列シートミニバンモデルとして2010年から販売していたプレマシーを年内にも退役させる計画である。OEMモデルの日産・ラフェスタハイウェイスターもカタログ落ちとなる。プレマシーのようにCX-8を日産へOEM供給することはまず無いだろう。

関連するレポート

[ 2017/07/29 ]
#1 匿名さん2017/07/29(Sat)18:57:42
MPVの後継としてはありだけど、プレマシーとはサイズが違いすぎて受け皿になるとは思えない。
#2 匿名さん2017/07/30(Sun)15:38:48
プレマシーのお客は次回マツダ車を買わないだろうね
こうやって自分の都合で客を減らし、リピーターを減らしてくのが今のマツダだわ
#3 匿名さん2017/07/30(Sun)17:33:36
※2マツダだけの問題じゃないだろう。プレマシーと似た車といえばウィッシュアイシスは廃止、プリウスαは次あるか微妙、ジェイドはストリームよりデカイのに定員減らして低迷、欧州ミニバンは幅デカくなりすぎ。
#4 匿名さん2017/07/30(Sun)23:02:24
ミニミニバンは狭すぎるって、ようやく消費者が気付いたからな
全部終了
#5 匿名さん2017/07/31(Mon)05:00:10
♯4シエンタフリードは大ヒットしているけど。
#6 匿名さん2017/07/31(Mon)07:46:51
#5シエンタ・フリードはスライドドアで、ウィッシュ・ストリームはヒンジドアだから日本の駐車場事情を考えたらスライドドアの方が売れてウィシュ・ストリームが売れない事は仕方ないし、アイシスはシエンタに吸収統合で消滅。
それだけ世の中はミニバンからSUVにシフトしてきてるんだよ。利益もSUVがあるらしいし
#7 匿名さん2017/07/31(Mon)10:29:54
生き残ったのはシエンタフリードの背高系のみ
#8 匿名さん2017/07/31(Mon)11:14:40
ミニバンは家族がいるから仕方なく買った感が強いんだよな。SUVなら家族も皆乗れるが父ちゃんの趣味性も保たれる。有る意味ミニバンよりワガママな全部乗せ。
#9 匿名さん2017/07/31(Mon)19:59:24
弱小メーカーがプレマシーみたいなの作る余裕ないよ。高付加価値SUVミニバンはアリ。
#10 匿名さん2017/07/31(Mon)21:58:53
ミニバンの中で需要減少しているのはリアドアがヒンジ式のものでしょう。SUVの新規ユーザーは元ミニバンより元ステーションワゴンの方が多い気がしまます。
#11 匿名さん2017/08/01(Tue)23:01:58
MPVが両側スライドを売りにしていた頃が懐かしくなるな
#12 匿名さん2017/08/04(Fri)21:42:52
ミニバンは需要減でトヨタ独占だからな
高級ボッタクリチートできる3列SUVはメーカーとしてはアリでしょう

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.