レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサスCT200hがフェイスリフトされる、今夏発売予定

レクサスのハイブリッドハッチバック車、CT200hのマイナーモデルチェンジが2017年8月24日に予定されている。

(写真は現行CT200h)
レクサスCT200h

CT200hの初代型がデビューしたのが2011年。その後2014年に初めてのマイナーモデルチェンジを受け中期型となっており、これが現在販売されているモデルである。今回、販売期間6年半を超えるタイミングで更にもう一度マイナーモデルチェンジが施され後期型に切り替わることになる。

CT200hフロントグリル CT200h リアコンビネーションランプ

後期型CT200hはスピンドルグリルが新しくなる、レクサスセーフティーシステムプラス標準装備

後期型CTではフェイスリフトが盛り込まれる予定で、スピンドルグリルを中心とする顔付きが変えられる。レクサスのアイデンティティとしてすっかり定着したスピンドルグリルであるが、実は初期型CT200hではまだバンパーラインが明確に残されたダブルフレームグリルが使われていた。近年のレクサスらしいシングルフレーム化されたスピンドルグリルは中期型CTから採用されている。ただし、レクサスブランド全体で見れば、これ以降もスピンドルグリルは進化を続けており、特にフラグシップセダンのLSのフルモデルチェンジからは大型化による表情の変化が明確となった。このフロントグリルのデザイントレンドは今夏発売の後期型CTにも取り入れられることになるだろう。

(写真はLS500h)
LS500h フロントグリル

また装備面ではレクサスセーフティーシステムプラスが標準化される。近年の安全運転支援システムに対するニーズに合わせたものとなる。後期型CT200hの予約受付は6月中にも開始される見込みである。

(写真はUXコンセプト)
UXコンセプト

CTシリーズのフルモデルチェンジについては、2019~2020年あたりが予想される。プリウス、C-HRといったトヨタブランド車で先行採用されるTNGA-Cプラットフォームは、2018年からコンパクトクロスオーバーSUVの新型UXシリーズを皮切りにレクサスブランド車でも導入される。次期CTシリーズはTNGA-Cプラットフォームを主軸に開発されている。

関連するレポート

[ 2017/06/14 ]
#1 匿名さん2017/06/16(Fri)00:42:57
CTって、デビューの時は中々洗練されてるって思ったけど
今となっては同クラスのライバルよりずんぐりして、のっぺりしたボディラインだし、、もう既に限界って感じはする。
ハイブリッドオンリーで割高って言うのもネック。
#2 匿名さん2017/06/16(Fri)05:58:55
ベンツやBMWはAクラスや1シリーズを発売してきて販売台数は増加したかもしれませんがブランド力が大きく低下していますよね。昔のような「ありがたみ」は全く無くなった。プレミアムブランドは低価格モデルを出せばいいという物ではないし、割高と言う点からは欧州車の方が余程「割高」だ。
#3 とら2017/06/16(Fri)12:41:39
セカンドカー需要って感じだし、力入れていくのはココじゃないっていうのはよく分かる。
#4 匿名さん2017/06/17(Sat)00:07:00
レクサス向け加飾を外してふつうにトヨタで売ればいいのに…と思う車
でもトヨタブランドにすると全く売れなくなるのかなぁとも思う
#5 匿名さん2017/06/17(Sat)02:30:31
外車の故障が不安なマダムしか乗っていない印象。
#6 匿名さん2017/06/17(Sat)12:15:32
スピンドルグリルじゃない頃の方が絶対カッコ良いと思うんだけどな・・・好みは人それぞれだが。
#7 匿名さん2017/06/17(Sat)15:52:27
レクサス、ダサいな。
エクステリアデザイン、最悪だな。
こんなアホみたいなデザインの
クルマに乗る野郎の気持ちがわからないぜ。
レクサス、全車種ゴミ。
#8 匿名さん2017/07/04(Tue)19:01:22
燃費が良いのが最大の売り。
レクサス気分を味わえて、レギュラーガソリンでリッター20キロ以上走れるんだから、魅力的だと思う。
クルマは、大幅にマイナーチェンジされた最終型が狙い目。まさに、今が買い時かも。
#9 匿名さん2017/07/08(Sat)11:11:27
ダサいと思うなら書くなよ、
好きな人もいんだからや。
デザイン大事かも知れんけど
車てデザインが100じゃねぇからな、
そういうこともわかって言ってるんだろな?
#10 匿名さん2017/07/09(Sun)20:23:01
レクサスの記事が出るたびにダサいダサい言う奴は
ただのbotだから気にしない方がいいぞ
#11 匿名さん2017/07/14(Fri)14:10:40
日本車でそれ程大きくは無く、内装にもお金をかけている車となると
選択肢に入るとは思う。ちょっと古いけどね。値引きはあるのかな?
#12 匿名さん2017/08/01(Tue)00:07:40
べつに見てる云々関係なく、ダサいと思うのなら言ってもいいだろ
肯定的に見てるひとがいるからいうなとかアホとしか

どこがどうなってそう結論づくのかも言え。なら同意するんだが
もちろん肯定意見も、そういう中身がないと意味がないから必要だが

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.