ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

ステップワゴンが販売不振、ホンダのダウンサイジングターボ戦略は失策か

ホンダの現行ステップワゴンは2015年に発売されたモデルであった。そして、後追いで発売される見込みであったハイブリッドモデルがまだラインアップされていないが、当初想定されていた2016年後半の発売に間に合いそうにない。ステップワゴンハイブリッドの発売は2017年秋頃まで延期されることになりそうだ。

(写真は現行ステップワゴン)
ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンに現在のところ導入されるパワートレインは、1.5LのVTEC-TURBOのみとなっている。国産同クラスで唯一のダウンサイジングターボということで、性能と価格のバランスの良さが魅力である。ただし、販売台数を見ると、まだニューモデルと呼べる時期にありながらも目標の月販5000台に到達しない月が目立つ。やはり、ダウンサイジングターボは認知度が低く、市場から求められているのはハイブリッドであることが鮮明となった。

ステップワゴン スパーダ リアゲート

ステップワゴンハイブリッドに搭載されるのは2.0L Sport Hybrid i-MMDが有力

そんな中、ホンダは2016年2月にオデッセイハイブリッドを発売。ステップワゴンよりワンクラス上のミニバンモデルにハイブリッドを設定してきた。ステップワゴンに搭載されるのは、このオデッセイハイブリッドと同タイプの2.0L Sport Hybrid i-MMDとなる可能性が高い。

(写真はオデッセイハイブリッド)
オデッセイハイブリッド オデッセイハイブリッド i-MMD

オデッセイハイブリッドのJC08モード燃費は26.0km/Lで、ステップワゴンハイブリッドもこれに近い数値になることが予想される。ライバルのトヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァイアのJC08モード燃費23.8km/Lを上回り、クラストップの燃費性能が与えられることになる。

関連するレポート

[ 2016/07/23 ]
#1 匿名さん2016/07/24(Sun)11:18:24
いいえ発売はありません(断言)
#2 全能2016/07/24(Sun)12:56:28
あの顔どうにかしてください、フリードとのフュージョン失敗したみたいな!
#3 匿名さん2016/07/24(Sun)13:15:09
あのグリルデザインはイマイチ。前作のスパーダの方がマシ
#4 匿名さん2016/07/24(Sun)16:12:04
カッコ悪いよねぇ。どんなエンジンを載せても欲しいと思わない。バックドアもどうせなら観音開きを設ければいいのに。
#5 匿名さん2016/07/24(Sun)16:42:59
売れないとハイブリッド投入の流れね
だったら最初から出せよ!みたいな
しかも2モーターハイブリッドとか
ステップワゴン買う層には高すぎて誰も買わんだろ
#6 匿名さん2016/07/25(Mon)14:14:19
またセレナに負ける
ホンダも最近同じ顔ばかりで
ロボットフェイス
同じ顔でもマツダやスバルを
見習って職人技を見せて。
#7 匿名さん2016/07/25(Mon)16:06:37
顔を先のショーで展示のあったモデューロコンセプトを標準にして、
追従クルコンを全車速対応にしてi-MMDハイブリッドで30km/L達成して
300万切ってようやく土俵に上がれるレベル。
#8 匿名さん2016/07/28(Thu)09:56:54
ターボだ、ハイブリッドだの前に
ミニバン買う層は
もっとゴテゴテ、ギラギラした
悪く言えば下品なフロントを好むから。
#9 匿名さん2016/08/10(Wed)15:12:45
アホンダ!
#10 匿名さん2017/02/22(Wed)10:41:14
性能よくなってもあの顔だとマニアしか買えないだろ!
#11 匿名さん2017/02/28(Tue)21:59:32
ハイブリッドなんていらない。
無駄なバックドアを普通の一枚ものにしてくれ。
結局2代目と4代目がまともに見える。
#12 匿名さん2017/07/09(Sun)14:18:59
代々乗り継いでいますが
デザインのバランスがここまで悪いと売れるものも売れないかと。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.