ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ホンダ・シビックが日本向けラインアップに復活、しかし高すぎる車両価格

今秋、ホンダはシビック シリーズを日本ラインアップに復活させる。セダン、ハッチバック、タイプRの3種類の日本仕様が発表された。発売日は2017年9月29日に予定されている。

(写真は寄居工場で生産中のシビック セダン)
シビック 寄居工場

シリーズの中で唯一の国内生産となるのがシビック セダン。レギュラーガソリン仕様で車両価格はHonda SENSING装備車が265万320円に設定される。

シビック セダン シビック セダン リアコンビネーションランプ

しかし、1.5Lターボエンジン搭載のFFセダンとして考えればかなりの高額ではないだろうか。トヨタならマークXのエントリーモデルとほぼ同額であり、こちらは2.5L V6エンジン搭載のFR車である。マツダであれば、2.2Lディーゼルのアクセラセダンにあと少しで届くという水準だ。シビック セダンの最高出力は173psとかなりのスポーティーな走行が楽しめそうで、なおかつ全車アルミホイールが採用されるなど、上級スポーツ車のポジションで販売されるということではあるが、それでもこの価格設定を理解できるのは少数派ではないだろうか。ちなみにトランスミッションはCVTのみだ。

シビック ハッチバック/TYPE Rは英国スウィンドン工場からの輸入販売となる

(写真は英国工場で生産中のシビック ハッチバック)
シビックハッチバック UKファクトリ

そして、シビック ハッチバックについては英国スウィンドン工場生産の輸入車ということで、搭載される1.5Lターボエンジンはハイオク仕様、最高出力は182psとなる。

シビック ハッチバック シビック ハッチバック リアコンビネーションランプ

車両価格はHonda SENSING装備車で280万440円からと、もちろん国内生産のシビック セダンより値上がりとなる。こちらのトランスミッションはCVTに加えて6MTも設定されるのが唯一の救いとなるが、やはり高い。タイプRに手が届かないファンからは一つの選択肢とされるだろう。

(写真はシビック タイプR)
シビックタイプR チャンピオンシップホワイト シビックタイプR リアウィング

最後にタイプR。2.0L VTEC TURBO搭載のスウィンドン工場生産モデルとなる。エンジンタイプは先代型踏襲ながらもブラッシュアップを受けており、最高出力320ps、最大トルク40.8kgfm、軽量化が施され車体重量は1390kgに抑えられる。車両価格は450万360円に設定される。先代型は750台の限定輸入販売であったが、本モデルに限定台数は設定されていない。

関連するレポート

[ 2017/07/27 ]
#1 匿名さん2017/07/28(Fri)08:05:33
ま、日本市場はオマケとしか考えてないからこんな値段設定なんだろうな
#2 匿名さん2017/07/28(Fri)09:42:28
せめて同じターボのジェイドRSぐらいの価格だったらねぇ
ホンダは全体的に割高だな
#3 匿名さん2017/07/30(Sun)07:35:59
セダンとハッチバックがそっくり、、、。
セダンはすぐ終売になりそう。
#4 匿名さん2017/07/30(Sun)10:11:01
シビックが高いのではなく、マークXが破格に安いだけかと
#5 匿名さん2017/07/31(Mon)10:23:24
ちゃんと値段なりのブランド作ってくれよ。ホンダ。
#6 匿名さん2017/07/31(Mon)23:22:19
日本以外ではそれなりに売れそうではある。
だが欲しいのはこれではない。1Lターボでいいから、200万を切ってほしい。
#7 匿名さん2017/08/01(Tue)17:23:50
♯6
0.66Lターボで何卒ご容赦を。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.