ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

アコードは北米市場メインで継続、1年後フルモデルチェンジ

ホンダのミドルクラスセダンとしてラインアップされるアコードは、現行モデルを以って日本販売が停止される見込みとなっている。

(写真は現行アコードハイブリッド)
アコード ハイブリッド 後期 マイナーモデルチェンジ

アコードの本流である北米仕様はもちろん継続される。ミドルクラスセダンのメイン市場である北米では、トヨタ・カムリ、日産・アルティマ、スバル・レガシィと肩を並べるモデルとなっている。次期モデルの開発も進められており、2018年1月のデトロイトでのフルモデルチェンジ発表が予想される。

アコード ハイブリッド インテリア 後期

ホンダは上級、中級セダンの日本販売を放棄、小型車および軽自動車に注力

現行アコードについては日本販売されたとはいえ、主力のアコードワゴンは結局のところ導入されなかった。アコードハイブリッド日本仕様は販売台数や利益よりも中型車向けハイブリッドシステムであるSport Hybrid i-MMDのベース車両としての役割が大きかったと考える。Sport Hybrid i-MMDは、現在ではオデッセイに搭載されており、ホンダの中型車におけるハイブリッド化に大きく貢献したと言えるだろう。

(写真はアコードに搭載されるSport Hybrid i-MMD)
アコードハイブリッド i-mmd

この他にホンダのラインアップではフラグシップセダンのレジェンドが次期モデルでは日本市場を離れるのではないかと言われている。ホンダのお家芸であったミニバンも、オデッセイ、ステップワゴンともに販売不振となっている。

(写真はフリード)
フリードハイブリッド

一方でコンパクトクラスでは、フィットがかつての勢いは無いものの、Bセグメントハッチバックの代表モデルとして定着している。好調なのは、プチミニバンのフリードと、軽自動車のN-BOXといったあたり。NSXといった例外もあるが、やはりホンダは小さな実用車を作るのが得意なのだろう。

関連するレポート

[ 2017/02/08 ]
#1 a2017/02/08(Wed)23:57:27
ホンダって価格設定がおかしいモデル多すぎ、これもその一つ。
#2 匿名さん2017/02/09(Thu)00:05:17
かつての栄光は何処へ?
モデル的にはよかったのに、残念。I_MMDシステムの小型化を図ってからリベンジしてください。
#3 匿名さん2017/02/09(Thu)21:29:21
今の日本ホンダのラインナップは本当に残念。
トヨタの豊富さを少しは見習わないと。
ホンダ好きだからアキュラ導入してほしい。
#4 匿名さん2017/02/09(Thu)22:08:29
>>3
トヨタの豊富さ?www
あんな糞車ばっか集めたラインナップとか見習うなよ。
#5 匿名さん2017/02/10(Fri)00:39:53
糞かどうかはともかく選択肢の多さは見習ってほしい
#6 匿名さん2017/02/10(Fri)01:25:24
10代目の日本販売なしは以前からあった話だけど、
今はMC後の販売状況が予想より好調だから
次期型の日本販売可能性あるかもって事じゃなかった?
#7 匿名さん2017/02/10(Fri)01:31:51
インスパイアやアコードワゴンの全盛期を知っている世代には悲しいニュースだよ。思い返して見ると、オデッセイとアコードワゴンのデザインが重複する様になってから迷走し始めたな。
#8 匿名さん2017/02/10(Fri)11:40:40
日本市場でのフラグシップは(NSX以外だと)シビックって事になるのか・・・
#9 匿名さん2017/02/10(Fri)15:22:26
うぉい、セダン愛はもう冷めたのか?
#10 カンテイダン2017/02/10(Fri)16:14:01
>>3
ホンダで上級セダン出さないならアキュラ欲しいよねぇ……。
#11 匿名さん2017/02/10(Fri)21:02:09
ホンダに限らず、セダン部門自体が全体的に縮小傾向だよね・・・セダン好きとしては残念でならないが、売れるのは箱車ばっかだから仕方ないのかなー。
#12 匿名さん2017/02/12(Sun)00:53:29
そもそも現行にワゴンはない
#13 ホンダファン2017/05/21(Sun)22:38:41
街を走るセダンは外車ばかりになってしまった…
国産セダンに魅了を感じないから当然だと思う。
#14 アコードハイブリッド乗りですが2017/07/09(Sun)16:30:08
欧州車を含め色々試乗しましたがアコードは実用快適装備と乗り心地やハンドリングで
他車にけっして負けていないと思います。コスパは抜群だし。1年ほど乗れば分かります。
試乗だけでは分からないと思います。長距離では全く疲れないし日常の買い物も楽です。
運転する楽しみと快適性の両立を目指しているのが分かります。且つ燃費が良い。
そして日本販売は止めないと思います。軽スポーツカーやシビックを復活させたぐらいだし。
販売台数だけの問題でもないと思いますね。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

日産リーフ9月6日フルモデルチェンジ発表、CM公開、ティザー画像追加

BMWがコンセプトZ4を発表、新型ロードスターの2018年発売を予告

三菱自動車エクスパンダー、インドネシア国際オートショーでワールプレミア

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

キューブ後継3列シート車はe-POWER搭載、2018年フルモデルチェンジ発売予測

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジが9月予定、ホンダセンシング装備

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

エスクードに1.4Lターボモデルが追加、次期スイスポと同タイプエンジン搭載

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

スイスポ9月発売、フランクフルトでのワールドプレミア後すぐに日本導入か

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

レジェンド2017年10月マイナーモデルチェンジ、新型ヘキサゴングリル採用か

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

ホンダ・ステップワゴンハイブリッドはスパーダ限定で9月22日発売

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

次期RVRコンセプト、三菱がConcept XR-PHEV Ⅱをジュネーブで発表

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

センチュリーが20年ぶりフルモデルチェンジ、東京モーターショー2017デビュー

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.